新着記事
行政書士が推奨する優良業者ランキング

【2018年全国版】amazonギフト券換金を最短かつ高価にするために

はじめに

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。
このサイトにたどり着いたあなたは、持っているamazonギフト券を現金に換えたい、とお考えのことと思います。そのような方のお役に立てる新鮮な情報を提供するのが、当サイト【アマリチ】です。

さて、「amazonギフト券の換金」という仕組みは、最近になって急速に需要が伸びています。ですが、マスメディアに大きく露出するほどのことはなく、知る人ぞ知る、というレベルかと思います。
その情報を知ることができたあなたは、ラッキーかもしれません。

amazonギフト券って何?

amazonギフト券(アマゾン・ギフト券)とは、有名なECサイトであるamazonが発行するオンラインマネーです。amazonのサイトのみで利用できる電子商品券というと分かりやすいかと思います。
amazonギフト券は、コンビニで見かけるカードタイプと、ネットで発券されるEメールタイプ&印刷タイプが一般的です。

amazonギフト券(カードタイプ)

Eメールタイプは購入した際のメルアドにコード番号が送られてくる、さながら仮想通貨のようなタイプです。
印刷タイプは、メールに届いたり、アマゾンのサイト上で表示したものを紙に印刷して使うタイプです。

いずれのamazonギフト券も、16桁の英数字からなるコードが確認できます。そのコードをamazonアカウントに入力すると、アマゾンでの支払いに使用できるようになります。

amazonギフト券買取が奇跡的に役立つ3つの理由とは?

安全にクレジットカードの現金化が可能!

amazonギフト券の換金が拡大しつつあるのは、クレジットカードの現金化ができることが最大の要因です。

急ぎの出費や資金繰りで、クレジットカードを現金化したい、と考える人がたくさんいます。実際、換金(現金化)に関連したマーケットは、今でも年間1000億円以上の規模とされています。

さらに、クレジットカードのショッピング枠を使った方法のほかにも換金の手段は増えているため、そのマーケットは急速に拡大しつつあるのです。
「キャッシュバック型」のクレジットカード現金化は犯罪に当たるということで、敬遠される傾向があります。その代替手段として注目されているのが、「amazonギフト券換金」による現金化だったのです。

もうお気づきかと思いますが、amazonギフト券はクレジットカード決済ができるため、カードで買ったamazonギフト券を買取に出すことで高率で換金できてしまうのです。

なお、この行為は厳密に言えば、カード会社とamazon.co.jpの規約に違反しているため、当サイトとして積極的なお勧めはできません。

しかしながら、これを法令で禁止すると、古物商全体が規制対象になり、商売が成り立たなくなってしまうことになります。その、すれすれの「抜け穴」をかいくぐるようにして、amazonギフト券換金買取業者が賑わっている面があります。

 

WEBだけで即日amazonギフト券換金!

amazonギフト券は、どのタイプでも暗号のようなコード16桁だけで取引できます。つまり、近所のコンビニで買ってきたカードタイプのamazonギフト券でも、ネット上で即時に換金できてしまいます。紙製のamazonギフト券にあるコードの画像を送信するだけで、すぐに換金できるからです。

コードの入力方法
Eメールタイプ・印刷タイプであれば、メールの転送だけで買取が成立します。
なお、ご自分のamazonアカウントに登録してしまうとそのコード自体はもう無効となるため、買取してくれません。売りたいギフト券のコードは、amazonサイトには登録しないで保管してください。

現金化率(買取率)が90%以上と極めて高い!

amazonギフト券買取の魅力のうち、かなり大きなものが「換金率」です。
一般的なギフト券の買取相場は、低いと6割(60%)、平均が額面の7割程度で、8割にもなることは滅多にありません。

しかし、amazonギフト券の買取相場は約90%です。多数の業者が激しい顧客獲得競争を繰り広げており、amazonギフト券の換金率も88~93%でシビアな争いになっています。

 

amazonギフト券を最短で買取り換金する方法とは!

amazonギフト券の買取では、一般的にギフト券の額面金額が大きいほど換金率も上昇していきます。

ちなみに、実店舗では額面1万円未満のamazonギフト券は買取を断られるか、もし買い取ってくれても換金の比率が極端に低くなってしまいます。

しかし、1万円未満のamazonギフト券換金もOKで、しかもかなり高い換金率を出しているのがamazonギフト券買取サイトです。
これなら、amazonギフト券が少しだけ余ってしまった、という場合でも気軽に利用することができます。

その中でも、管理人の経験上、一番お勧めできるのが、買取ボブです。

amazonギフト券換金サイト「買取ボブ」は、今すごい勢いで成長を続けています。
24時間年中無休なのはもちろん、管理人が深夜1時過ぎに買取ボブに申込みをした時の経験では、非常にレスポンスが良く、受付からネットバンクの口座入金まで20分足らずで完了しました。

2018年現在、amazonギフト券換金サイトのなかでは最速水準です。このように買取ボブは、amazonギフト券の換金がネットだけで完結しますので、急にお金が必要になった時には本当に頼りになる業者です。

 

そもそもamazonギフト券の換金とか、クレジットカードの現金化は違法(犯罪)じゃないの?

amazonギフト券の換金が違法だと思われてしまうのはなぜ?

結論から言うと、amazonギフト券の換金は違法ではありません。

どの法律をみても「ギフトカードを買い取ってはならない」という意味の条文は出てこないからです。なので、amazonギフト券の換金・買取についても犯罪ではありません。

それなのになぜ、濡れ衣を着せられたがごとく、違法だと言われてしまうのか?それは、多くの人が「換金・現金化」というフレーズから、あるグレーな行為を疑ってしまうためです。

つまり、「クレジットカードの現金化」のためにキャッシュバックの仕組みを悪用する・・・という図式を思い浮かべているのではないでしょうか。実際に、これによって貸金業の業態が成立してしまい、業者が無許可営業で逮捕されるといった事件も発生しています。

 

amazonギフト券の換金は規約違反ではない。

5chなどの掲示板で、クレジットカードのショッピング枠の現金化が違法だ犯罪だと大袈裟に騒ぎ立てられているのを見ますが、あれは間違っています。
ですから、使う予定がないamazonギフト券を換金したとしてもとやかく言われることは絶対にありません。この点は心配しないでください。

ただし、「ある目的」でamazonギフト券を買取に出した場合には、amazonの規約やクレジット会社との契約に違反するおそれがあります。

それは、「はじめから『換金』を目的としてクレジットカードでamazonギフト券を購入した場合」です。この行為はアマゾンとクレジット会社の規約に違反してしまいますので留意しておいてください。

 

ありえない!悪質サイトの見分け方とは?

なかには、クレジットカードのショッピング枠を現金化したいという人を相手に、amazonギフト券の買取をしているサイトがあります。

そのような、クレジットカードの与信枠を間接的に現金化することを目的としたサイトの場合、サイトにメールアドレスが記載されているか、申し込み後にメルアドの通知があり、そのメルアドにamazonギフト券のコードを送信させようとします。

クレジットカードを現金化することも違法でこそありませんが、発覚すればそれなりに重い規約違反になるようです。

 

取締りが入った携帯キャリア決済

クレジットカード現金化サイトのほか、携帯キャリア決済限定でamazonギフト券の換金をするといったサイトもあるかもしれませんが、これらのサイトを見分ける方法があります。

それは「換金の率がわずか70%~75%と非常に低いサイト」です。このような低い換金率でしか買取をしていないサイトは、クレジットカード現金化または携帯キャリア決済現金化とみて、ほぼ間違いないと思われます。

 

amazonギフト券買取によるクレジット現金化の発覚で一生失うものとは?

クレジットカード

目先のお金が必要だからと言って、はじめから換金目的でamazonギフト券を購入して買取に出す行為は、下手をすると、誰でもなくなると困る2つのものを失うことになるかもしれません。これを理解して、無理のない範囲で行うことが大切です。

・amazon規約に違反するためamazonが一生使えなくなる。
amazonの規約違反に該当するので、調査が入り、amazonを今後一切利用できなくなるかもしれません。
ちなみに、住所を変えても、別のアカウントを作っても、アマゾンでは全部紐付けされているので無駄です。

・カード会社の規約に違反するため一生クレジットカードが使えなくなる。
カード会社の規約違反がバレたら、強制解約にあたっての残高一括請求や、業界での情報共有によっては最悪、クレジットカードが一生発行出来なくなることがあり得るのです。大きすぎる代償だと思います・・・。

通販の代名詞であるamazonからの永久追放、クレジットなしの現金払いのみ・・・。本当にこんな生活になってしまうかもしれません。

[重要]カード利用停止にならないamazonギフト券のクレジット換金手段

 

amazonギフト券現金化サイトの正しい利用方法とは?

amazonギフト券の換金自体は違法ではありません。ただし、それをクレジットカードの現金化目的で利用することが規約上問題になるのです。
余っているamazonギフト券を換金する。これがamazonギフト券換金サイトの正しい使い方です。

当サイトでは、行政書士の監修のもと、換金率90%以上の安心できるサイトだけを紹介しています。利用予定がないamazonギフト券がある場合には、ぜひ当サイトから買取に出してみてください。

 

知らないと損をする!amazonギフト券を最高換金率で売る2つだけのコツとは?

換金比率が高いサイトが一番?

amazonギフト券を売るなら高く買い取ってもらいたいと考えると思います。そのためには、買取率がいちばん高いサイトを探せばいい!でも、本当にそうでしょうか?

ずば抜けて高い換金率を宣伝しているサイトは、「手数料をごまかしている」おそれがあります。口座への振込手数料は、まだ分かりやすいのですが、そのほかにも○○手数料、○○金など、分かりにくいシステムを使っている業者もあるようです。

また、その換金率が、具体的にどのようなケースに適用されるのかが不明確な場合もあります。例えば、「最大買取率 ●●%」とあっても、それは200万円分のamazonギフト券を換金する場合の話だったり、サイトの利用回数その他の条件があったりします。

買取率を見る際のポイントは『最低保障』を重視することです。これは、買取を受け付ける限りはその換金率を間違いなく守るという意味なので、安心してamazonギフト券換金の申込みができます。

換金率を高くする簡単なコツ

結論から言えば、額面が大きいほど、一般的に買取率が高くなります。例えば、額面5万円以上の場合に最大換金率となる場合に、合計金額は同じでも5000円のamazonギフト券10枚を買取に出した場合には、買取率が低くなってしまうのです。

また、amazon.co.jpで販売されているamazonギフト券には、印刷タイプ、Eメールタイプ、カード(封筒)タイプ、シートタイプ、グリーティングタイプ、チャージタイプなどがあります。
換金業者により、タイプごとの換金率(買取率)が異なっていたり、タイプによっては買取できない場合があります。

なので、サイトごとの買取率を調べ、売ろうとしているamazonギフト券が一番高く換金できるサイトで換金するのがベストです。

 

amazonギフト券のほかにitunesギフトカードも高価で買取してくれる業者とは?

iTunesカードとは?

iTunesカードは、App StoreやiTunes Storeで使用できる前払い式カード(プリペイドカード)で、各種電子メディアの購入やレンタル、スマホゲームの課金などに幅広く使われていることは、このサイトをご覧いただいている方でしたらご存知かと思います。

しかし、iTunesカードをプレゼントされたが、使い道が分からずにそのままにしている方もいらっしゃるようです。
iTunesカードには有効期限がないので、別に急いで使わなくてもいいのですが、現金化できるなら換金したいと考えている人も多いかと思います。

ところが、iTunesカードはとても換金しにくいカードなのです。
iTunesカード
最近は、ギフト券や商品券の売買が活発で、買取サイトや個人間取引サイト、さらに実店舗を持つ買取店などもよく見かけますね。招待券や株主優待券などを含め、ほとんどの金券類は普通に現金化できます。

そうした中で、意外に換金が難しいのがiTunesギフトカードなのです。
(ここではiTunesカードについて書いていますが、GooglePlayカードについてもほぼ同様です)

 

iTunesカードはなぜ換金が難しいのか

iTunesカードは、レジでチェックしない限り有効化しない、「アクティベーションコード」というものを使っています。
このため、支払いを済ませていないカードは無効なままなのです。なので、買い取る側からすれば、もし万引きされたようなカードを買い取ってしまったら・・・というリスクがあります。

つまり、iTunesカードの買取・現金化が難しい唯一の理由は「カードが有効なのか無効なのかが見分けにくいこと」です。

なので、リアルの金券ショップではiTunesカードの現金化は難しいでしょう。買取をしている店舗もあったとしても、換金率がかなり低いと聞きます。

ヤフオク!やメルカリなどのサイトで取引することも可能ですが、やはりカードの有効・無効は見分けがつきません。売る方も買う方も大きなリスクだと思います。

 

iTunesカードが高く売れるのは専門買取サイトだけ

そこで、当サイトでも紹介している
買取ボブ
ベストレート
買取本舗
など、ギフト券をネットだけで専門的に換金しているサイトがあります。

このような換金サイトでは、カード(コード)の有効・無効を確認してから買取できるため、リスクなくiTunesカードやGooglePlayカードなどの換金が可能です。

このため、iTunesカードの換金相場が平均65~72%と言われるところ、iTunesカード買取サイトでは70~80%という高率で換金できるのです。

特に、ベストレートというサイトでは、amazonギフト券(Amazonギフト券)以外にLINE・iTunesカード・GooglePlay・glee・AppleStoreギフトカード・モバゲー・DMM・プレイステーション・任天堂・webmoney・ビットキャッシュ・楽天スーパーギフトといった多様な種類のギフト券を、すべて手数料一切無料、買取金額の上限なしで買い取ってくれます。

古物商の許可番号も取得している安心なサイトですので、お時間がありましたら一度ご覧になってみてください。

当サイトでは、安心してamazonギフト券などが現金化できる優良サイトを紹介していますので、ぜひご覧になってみて下さい。